ヘリグロテントウノミハムシ活動開始

ヒイラギモクセイの生垣にやはりこの時期になると現れる厄介者がいました。ヘリグロテントウノミハムシです。
去年は消毒のタイミングが絶妙だったのでこのヘリグロテントウノミハムシの被害はほとんどありませんでしたが、今年はどうも嫌な予感がします。武漢肺炎ウィルス騒ぎで、おそらく定期消毒がタイミングよく行えない可能性がありますので、被害が出そうです。

既にヒイラギモクセイの新芽には成虫が何匹もついており、それらが産む卵が孵化してしまうと被害はさらに拡大するでしょう。

参考 樹木図鑑 ヒイラギモクセイ
   雑草害虫図鑑 ヘリグロテントウノミハムシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

前の記事

ウバメガシの若葉

次の記事

三重県の木~神宮杉