豊かな緑の環境でハイムの暮らしに潤いを!

新着記事

お知らせとご挨拶

緑の環境委員会のサイトをご愛読の皆様 今年の夏は格別の暑さですが、皆様は如何お過ごしでしょうか? さて、本日は皆様へのお知らせ方々ご挨拶をさせていただきます。 皆様ご存じの通り、このサイトは、新多摩川ハイム理事会の下部組 …

ヒメシャラの実

6月には白い花を咲かせていたヒメシャラに実がたくさんなっています。 参考 樹木図鑑 ヒメシャラ

ユリノキ、青々と

剪定直後の姿からは想像もつかぬほどに青々と葉を茂らせているユリノキです。 因みに、昨年の剪定直後の写真がこれです。 参考 樹木図鑑 ユリノキ

よく見れば、アラカシにもマテバシイにも

アラカシの生垣は形を整えるために年に何度も剪定をされますが、株立ちのものは生垣ほどには強く刈り込まれません。よく見ると枝先にはまだ小さいですがドングリがいくつもなっています。 マテバシイはもともと株立ちで大きく育っており …

暑いが秋はもうすぐ コナラ

連日暑い日が続きますが、秋はもうすぐです。今年もコナラの木には青いドングリがたくさんなっています。 参考 樹木図鑑 コナラ

まだあった、実生の雑木

先日、実生のビワ・ヤツデのことをお話しましたが、このような実生の樹木はよく探せばまだまだありそうです。3号棟西側にはクルミと思われるものも生えています。多摩川河川敷にはたくさんのサワグルミが生えており、堤防改修時にはほと …

クスノキの落葉と新芽

クスノキは生命力が強い。年に何度も新しく芽を出す。その都度大量の落ち葉を落とし、新しい葉に入れ替える。木のもとには大量の落ち葉、木には瑞々しい新芽が朝の光にまぶしい。 その新芽を目当てにアオスジアゲハは卵を産みに来て、忙 …

フヨウには千客万来

フヨウは花が咲いている夏場だけに限らず、多くの虫たちが集まってきます。 そのいくつかをご紹介しましょう。 ミツバチ ラミーカミキリ イチモンジセセリ キタテハ キタキチョウ 参考 樹木図鑑 フヨウ 「蝶百科図鑑」も合わせ …

フジは止む無く伐採

駐車場の北側の維持には頭が痛い問題があります。シラカシ・シイノキ・コブシ・レンギョウ・アセビ・サザンカなどが当初から植えられていますが、日当たりの問題、土壌の問題などあり、これまで必ずしも維持管理上満足のいく状態ではあり …

誰の落とし物?

2号棟のシラカシとウバメガシの生垣の下に、気になるものを見つけました。直径5mmほどの結構大きめの虫の糞です。大型の蛾の糞のように思えたので、しばらくそのあたりを探したのですが、それらしいものは見つかりませんでした。 後 …

最近のコメント

カウンター

 ・累計カウント  
 本日カウント  
 昨日カウント  

著作権表示

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 緑の環境委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.