豊かな緑の環境でハイムの暮らしに潤いを!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • ちょっと気になる話

ちょっと気になる話

ウツギの実

木全体が真っ白に見えるほどたくさんの花を付けていたウツギですが、花の後の枝には小さい丸い実がたくさんなっています。この実は鳥が食べたりもしていると思いますが、ある程度は熟して地面に落ちたりしているはずです。しかし、この木 …

リュウキュウアサガオ、花はきれいではあるが

毎度のことで恐縮ではあるのですが、またまたリュウキュウアサガオがどんどん広がってアラカシの垣根のうえを覆い始めました。花だけを見る限り、鮮やかなブルーで夏らしい色ですが、このまま成長を続けられると大変困るのです。すごい勢 …

トネリコは頑張っているが

トネリコは3号棟西側に2株あるうちの1株は、幹の直径が4㎝程のずん胴の棒が突っ立ているようなものです。数年前樹勢が衰えて木の上部を切り落とし幹の部分だけ残し現在のような姿になりました。去年に続いて今年も春には、その幹から …

ジャカランダは今

そろそろジャカランダが花を付ける時期になってきましたが、我がハイムのジャカランダはどういうわけかまだ一向に花を付ける気配は見られません。植えられている環境がジャカランダにとってはちょっと過酷すぎるのかもしれませんね。この …

来シーズン、キアシドクガ発生の予感

最近ハイムでモンシロチョウのような白いものが木々の合間をひらひらと頼りなげに舞っているのをご覧になった方もおられることと思います。2枚目の写真は、3号棟前のハナミズキの枝でそれが産卵しているようです。しかし、これはモンシ …

何? このハリネズミ

このハリネズミのようなものは何だと思われますか? 多分思い出された方もいらっしゃると思います。そうです、これは2年前の台風で倒れた神代植物公園のユリノキの大木です。昨年は横倒しになっている太い幹から随分たくさんの新芽が吹 …

オオイタビ

まずは、上の2枚の写真をご覧ください。中央のケヤキの幹が何やら緑で覆われています。これは、単なるデコレーションではありません、オオイタビというクワ科、イチジク属の常緑の蔓性植物なのです。中野島会館前のケヤキの幹を根元から …

ササの葉を食べる虫

植栽にとってササはある意味で雑草で、しかも一旦根付くと駆除が至難の厄介ものです。ハイムにも南西隅、西側外周路沿いとササが蔓延って困っている場所があります。その西側で、その蔓延ったササの葉が何かに食べられて葉のスジだけにな …

これがバラの葉を食べていた!

これまでにバラの葉が何かに食べられてすっかり葉が無くなったことがあります。何の仕業なのか調べていたのですが、やっとその正体が分かりました。 それはルリチュウレンジというハバチの一種です。成虫は小さな濃い瑠璃色できれいな金 …

台風の影響はここにも

先日の台風の影響はここにも見られます。4号棟と5号棟の間の通路沿いの何本かのジンチョウゲですが、それほどたくさんの葉が繁っているわけでもなく、背丈の低い木なのに、通路を吹き抜けた強風に前後左右に大きく揺さぶられ、ご覧の通 …

1 2 3 13 »

カウンター

 ・累計カウント  
 本日カウント  
 昨日カウント  

著作権表示

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 緑の環境委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.