豊かな緑の環境でハイムの暮らしに潤いを!
新着記事

雑草・害虫図鑑

ヤツデ

写真の中央に見える天狗のうちわのようなものは、御存知のヤツデです。このヤツデは植えられたものではなく、鳥などが種を運んできて自然に自生した実生のものです。ハイムでもあちこちで見かけることがありますが、雑木として除去すると …

ヤブカラシを除去

ヤブカラシ、以前ご紹介したことがある面倒な雑草のひとつです。 オオムラサキツツジの中に知らぬ間に入り込んで蔓延っていました。見つけ次第、早めの除去が必要です。即、蔓の部分は除去しましたが、おそらく茎は途中で切れて根はまだ …

バラの害虫駆除

バラに2種類の害虫がついていました。一つはご存知、アブラムシ。 もう一つは、名前は分かりませんが、ハバチ類か何かの幼虫のようです。新しい芽が出ると、すぐに、どこからともなく害虫が集まってくる。虫はどのようにして新しい餌場 …

いずこも同じ・・・。

この写真はハイムの外周の公道沿いのツクバネウツギの生垣です。ここにもササが蔓延って、この時期にはササの丈が高くなり肝心の生垣が見えなくなっているところさえあります。一旦ササが入ってしまうと、手のつけようがなくなります。 …

アブラムシ

カメムシ目 アブラムシ科の昆虫の総称 体は小さく丸く柔らかく、ある一時期を除いて飛行はせず、集団となって植物の上で植物の汁を吸って生活しています。ほとんどの植物にとって新芽などが一番に狙われるので、油断のならない害虫でも …

どっこい、サツキも負けてはいない?

西側外周路沿い(3号棟プレイロット近く)の一角のサツキですが、2-3年前からササに侵入されてそのブロックはほとんどササ一色になっていました。てっきり、そのままサツキは枯れるかと思っていましたが、意外にもサツキは頑張ってい …

ハナミズキにマイマイガの幼虫が

これまでハイムの樹木に付いた害虫としては、ツバキ・サザンカのチャドクガ、サクラに付いたアメリカシロヒトリ、クチナシのオオスカシバなどがありました。そして最近のことですが、北側外周路沿いのハナミズキにマイマイガの幼虫(毛虫 …

ササの侵入、再び。

いろいろな樹木が勢いよく伸びる季節になり、いろいろな緑が楽しめます。 そのなかで一つ気がかりなのが、「ササ」なのです。 以前にもお話しましたが、管理されている植栽の中に一旦ササが入ると、これは手に負えなくなります。ハイム …

リュウキュウアサガオが再び

根絶が如何に難しいか。花だけを見れば、リュウキュウアサガオは綺麗だなとは思いますが、アラカシの生垣にまで絡みついて蔓延るとなかなか手に負えません。今ではもともとの場所から3軒隣の生垣にまで伸びて、途中で何カ所も根を下ろし …

クスノキにもニッケイトガリキジラミが?

ヤブニッケイはニッケイトガリキジラミの被害を受け続けています。それが分かった時、同じ属でもあるクスノキはどうなのか気にはなっていました。クスノキも被害を受けるのか? その後、注意してクスノキを葉を観察していたのですが、な …

1 2 3 5 »

カウンター

 ・累計カウント  
 本日カウント  
 昨日カウント  

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 緑の環境委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.