これまでに見た3種(シモクレン・ヤマボウシ・カツラ)のように枝先が分岐するのではなく、枝が一本長く伸びながらその途中でいくつもの細い枝が両側に交互に出ています。また、まっすく枝を伸ばさずどちらかというと好き勝手に伸ばしているようにも見えます。その結果、枝をいっぱいに広げた時には、面白い形が出来上がっていることがあります。

参考 樹木図鑑 サクラ

2+