これまでにバラの葉が何かに食べられてすっかり葉が無くなったことがあります。何の仕業なのか調べていたのですが、やっとその正体が分かりました。
それはルリチュウレンジというハバチの一種です。成虫は小さな濃い瑠璃色できれいな金属的な光沢があり、愛嬌のある触角をしており見かけはかわいい感じのハチです(写真中央の虫)。しかし、幼虫は典型的な青虫でツツジやバラなどにとっては葉を食べる害虫です。意外と食欲は旺盛で、気づかぬうちにあっという間にバラの柔らかい葉などは食べつくされます。
ということで、雑草・害虫図鑑に新たに加えることにします。

先日、ツツジにいたどうも終齢に近い青虫を捕まえて飼育してみました。するとしばらくして自ら糸を吐いて粗い感じの繭を作りました。10日ほどで無事?羽化し、瑠璃色に光る成虫が出てきました。下の写真は拡大して見られます。

ツツジにいた終齢に近い幼虫 別の幼虫と繭 繭から羽化した成虫

(Henk)

参考 樹木図鑑 ツツジ  バラ
雑草・害虫図鑑 ルリチュウレンジ

 

4+