時の経つのは速いもので、昨年の6月にこの緑の環境委員会のホームページを一新して、今日6月14日でちょうど満一年になりました。
この一年を通してハイムの樹木を改めて見つめ直し、筆者自身が随分いろいろなことを再認識させられました。と同時に、新しい発見など驚かされたこともたくさんありました。ごく身近にありながら、これまで日頃は当たり前すぎてほとんど意識もしていなかった樹木が、じつは逞しい生命力を持った、しかも我々にいろいろな恩恵をもたらしてくれている素晴らしい存在だったとは・・・。これは、この一年を通しての率直な感想です。
ハイムの樹木は極めて制限された環境の中で30年、我々住人と一緒に春夏秋冬それぞれの季節で姿を変えながら少しずつ育ってきていますが、これまでのどの時をとっても決して同じではありませんでした。たくさん花や実をつけた年やそうでなかった年、素晴らしい紅葉を見せてくれた年、台風や日照りなどの自然災害に痛めつけられた年、害虫などの被害にあった年などさまざまでした。
これからもハイムのそれぞれの樹木の最新の様子を、折に触れお知らせしていきたいと思います。
今後とも、皆様方のご支援とご協力を切にお願いします。

(Henk 緑の環境委員会委員)

6+