ケヤキにキノコ

ちょっと気になることが。というのは、5号棟南側の大きなケヤキの根元にサルノコシカケのようなキノコが生えているのが見つかりました。倒木に生えるならともかく、生きている木にこのようなキノコが生えるということはあまりいいサインではありません。幹の内部の様子は外からはうかがい知れませんが、中では菌糸が繁殖しており場合によっては空洞ができ始めていることも懸念されます。今すぐ倒れるということはないかもしれませんが、将来は思い切って伐採ということも考える必要があると思います。

参考 樹木図鑑 ケヤキ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


wp-puzzle.com logo

前の記事

実生のアラカシ

次の記事

タラヨウの赤い実