生垣のヒイラギモクセイの消毒で一時的に鳴りを潜めていたヘリグロテントウノミハムシですが、その後出たきれいな新芽を食い荒らしはじめています。葉の裏側についさきほど齧られたばかりの跡が見られます。春の被害は幼虫による食害がほとんどですが、現在の食害は成虫によるものです。写真に見える小さな黒いハムシがそれです。この傷んだ葉はいずれ定期的な生垣の剪定作業で刈り取ることになりますので、今すぐに消毒してもあまり意味はありません。

参考 樹木図鑑 ヒイラギモクセイ
雑草・害虫図鑑 ヘリグロテントウノミハムシ


5+