ハギの葉は丸いと思っていましたので、ハギの刈り込まれた株元から何やら出ているものには少し違和感がありました。筆者が勝手にそう思っただけなのですが・・・。アザミか何かの蕾のような感じさえしますが、これがハギの新芽です。丸くなる葉は二つに畳まれているだけです。
ハギは、一般の樹木のように前年の茎・幹が太くなるのではなく、草のように株元からまた新しい茎が伸びてきます。この点、秋の七草として草の部類に入るのは頷けます。しかし、去年の茎から新芽を出しているところもあります(写真右)。
ともかく、春になって新しい芽が伸びています。
参考 樹木図鑑 ハギ

5+