植物と昆虫の関係はなかなか面白いものです。
植物は昆虫にとって、えさであったり、休息の場所であったり、さらには生殖・産卵の場所であったりします。
以前ご紹介したムラサキシジミはアラカシを生活の場所として一生(卵から成虫まで)を送っています。
先日、2号棟南側のアラカシの生垣で、カマキリの卵(卵のう)を見つけました。カマキリもここが生活の場所だったようです。しかし、この卵のうは通常よりも、長さが少し短いように見えます。おそらく、昨年秋の刈込で卵のうが半分近く枝もろとも切り取られたのではないかと思われます。残った部分から、果たしてどれだけの幼虫が孵化するのか・・・。

参考 樹木図鑑 アラカシ

5+