豊かな緑の環境でハイムの暮らしに潤いを!
新着記事

雑草・害虫図鑑

カイガラムシ (2)ツノロウムシ

ルビーロウムシに続いて、ツノロウムシという種類をご紹介します。 これは、6号棟前の駐車場への誘導路沿いのサザンカに寄生していたものです。白いマシュマロのような小さな塊がサザンカの枝にいくつも付いていました。昨年の秋からず …

カイガラムシ (1)ルビーロウムシ

カイガラムシ カメムシ目カイガラムシ科の昆虫の総称。 このカイガラムシは種類が多く、そのなかで例外として、赤系の色素の原料となるコチニールカイガラムシ、コーティング剤としてのシェラックの原料となるラックカイガラムシなど人 …

ニッケイトガリキジラミ

この名前をご記憶でしょうか? そうです、ヤブニッケイの葉をブツブツにしている虫の名前です。 長年5号棟エントランス脇のヤブニッケイは春の新芽時になると必ず葉にブツブツができ汚らしくなっていました。しかし、それ以降に出た葉 …

これは何?

チャドクガの卵を探し回っている過程で、4号棟前のカンツバキで面白いものを見つけました。   正体不明の虫の木の葉の住処(まゆ)  綴じ合わせた葉を空けると、中には1cmほどの蛹 正体はよくわかりません。 よく見ると、ツバ …

チャドクガはどのように越冬するか?

私(Henk)は、まだチャドクガにこだわっています。 この樹木図鑑で発生したばかりのチャドクガの幼虫(毛虫)をご紹介しましたが、蛹や成虫、それと卵についてはこれまで実物を見たことがありませんでした。どんな形をしているのか …

カンツバキの実

先日のカンツバキのチャドクガは油断でした。2週間ほど前には来年咲く花芽が少しずつ大きくなっているのは見ましたが、チャドクガまでは気が回りませんでした。もう今シーズンはチャドクガは出ないだろうとの甘い考えがありました。 今 …

チャドクガの被害

今年は2号棟エントランス脇のツバキコンロンコクに何カ所かチャドクガの発生が見られましたが、殆ど被害の報告はありませんでした。これで今年は終わりかなと思っていたら、9月末になって4号棟前のカンツバキに発生していたようで、清 …

サクラに異変が?

この時期にサクラの話をすると、毛虫大量発生かと、身構えられる方もおられると思います。でも、そうではありません。 今年は、アメリカシロヒトリの裏の年かと思うくらい、これまで毛虫はほとんど見られません。地面を見ても例年のよう …

樹木図鑑連載終了にあたってのご挨拶

今年の6月14日の「ヒメシャラ」からスタートし約100項目を数えました樹木図鑑は、本日の「コノテガシワ」をもってとりあえずの完成(?)ということで、連載を終了させて頂くことになりました。 皆様の長らくのご愛読、ほんとうに …

アメリカシロヒトリ

トモエガ科の蛾の一種。 北米原産の外来種で、第二次大戦後米軍の軍需物資について侵入したと言われています。サクラなどの葉を食い荒らす害虫。例年8-9月頃この幼虫である毛虫が集団発生することが予想されます。チャドクガなどのよ …

1 2 3 »

カウンター

 ・累計カウント  
 本日カウント  
 昨日カウント  
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
本網站的所有圖片,文章的版權帰ハイムのひろば所有,未經許可禁止拷貝或使用!
본 사이트의 내용, 텍스트, 이미지 등의 무단 전재 및 무단 사용을 금지합니다.

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 緑の環境委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.